【語学力はおまけ?】現役留学生が語る留学にいくなら若いうちに行くべき3つの理由

こんにちは、私は18歳の時から留学をして現在留学4年目になります。

今回、私の留学経験からみなさんに最も伝えたいことは、タイトルにもあるようにこれです…

海外に行くなら若いうちに!!

なぜこの記事を書こうと思ったかというと、留学する(海外にいく)メリットは語学目的だけではなく自分自身の成長のためだからと思うからです。

多く日本の学生が留学する理由はなんですか?と聞かれたときにこう答えていました

語学力を伸ばしたいから

就活で有利に進めるため

別にこれを否定するつもりはありませんが、この回答を聞いていつももったいないなと思ってしまいます

では、語学力向上以外の具体的な留学のメリットはなんなのか?

私の経験と共にお伝えできればなと思います。

目次

はじめに伝えたいこと

はじめに、はっきり言っておくと、3ヶ月未満の海外渡航は語学留学じゃなくて海外旅行です

よくこんなことを言っている学生をちらほら見かけます

2週間だけ語学留学にきました

1ヶ月だけ留学して英語を取得したい

これらの発言を聞くと、「お金がもったいないな…」と正直思います

だってそれはただの旅行だもん…

1ヶ月語学留学するともちろん国にもよりますが、オーストラリアだと全て含めて40万ほどかかります

正直言って、この40万円で得られるものは「海外に住んだ」というちょっとした経験だけです

もしあなたが語学留学したいのであれば少なくても3ヶ月以上は行くべきだと思います。

もし留学すれば語学力が伸びると考えているのであればひたすらオンライン英会話をやりましょう
時間もコストも労力も削減することができます!
語学力だけ考えるなら絶対にオンライン留学です!!

オンライン英会話に関する記事は⬇︎から

若いうちに海外に行くべき3つの理由

【1番の価値】価値観を広げられる

私が1番に挙げたい若いうちに留学をオススメする理由は「若いうちに価値観を広げることができるから」というものです

そもそも価値観とはなんでしょうか?? 今回はそこから考えていきたいと思います

私が思う価値観とは「なにかのモノやことがらの価値を判断するときの見方, 感じ方や考え方」です

言い換えると、「幅広い視野を持って様々な考え方や物事を捉えることができる力」と言ってもいいでしょう

若い時に様々なバックグラウンドや国籍、違う言語の人と話すことによって、今まであなたが過ごしてきた時間とは全く違う時間を過ごすことができます。

そこで得られることは、国際的に問題になっていること、例えば「差別」「貧富」に対してさらに理解を深めたり、先日書いた記事の中でも取り上げた「先入観」も取り除くことができます。

こちらからその記事を読むことができます!

また、考え方に関しても参考になるなと思ったことが最近ありました。

私は大学に通いながら起業をして会社運営をしているので、他にバイトやインターンシップを追加するのは負荷が大きすぎます…

でも、社会人になってからは自己成長のためにも絶対に外部で働きたいと思っています

しかし、海外就職を考えるならばインターンシップは必要不可欠です

この状況を日本人と外国の友達何人かに相談したところ、非常に面白い意見を聞くことができました。

日本人の友達全員にはこう言われました

起業を程々にしてインターンシップをするべき

一方で、外国の友達全員はこう言ってくれました

せっかく起業したんだからそれに専念すべき

このように意見が真っ二つに別れました。どちらも正解はないですし、考え方がきれいに別れて本当に面白い!

結果的にある友達の1つの助言によって私の答えが決まりました。

その友達はこう言ってくれました

迷っているならとりあえずやってみればいい
違かったらやめればいいしできるなら続ければいい

私の欲しかった答えはこれでした

やる前から判断して時間を使うよりもやってから判断した方が絶対にいいに決まってます

今回のことだけに限らず全てにおいて通じる考え方です。

もう1つ友達から言われた大事だと思うことがあります

それは、「聞くこと」「お願いすること」は無料ということです。

これを知っているかどうかで様々な場面で損するか得するか大きく左右すると思います。

上記のことは常に頭に入れておいてください。特に留学してから役に立つと思います。

合言葉はやってみる・聞いてみる・お願いしてみるです!

自己成長と自信につながる

留学をすると、基本的に1人で全てのことをしなければなりません。全てです。

渡航したあと数日は家探しから契約、銀口座の開設、日常品等を揃えるためにショッピング…

生活が安定した後も、掃除に洗濯、朝昼晩の料理も全部しないといけません…

学校では外国語で授業に参加して、プレゼンテーションしたりレポートをこなしたり…

今まで両親に頼ってた部分が全て自分にまわり、負担になります。

日本でこれをやるならまだしも、言語も違う異国の地でやるというのは考えられないほどのプレッシャーに襲われます。

これを数ヶ月、数年とこなしていった暁にはあなたの生活力, 人間力はとてつもなく向上するでしょう

若いうちにこの部分ができれば、それだけでも立派な自己成長と言えると思います

また、ちょっとやそっとのことじゃ動じなくなり、根拠がないけど自信がつきます

根拠のない自信を若いうちに持つことが大切なんです!!

なぜかというと、何事もポジティブに考えられるようになる、大抵のことは自分で対応することができるようになるからです

また、2カ国語を話せることも自信につながります

例えば日本語と英語が話せる場合、日本語だと1億人と話すことしかできませんが英語を話せれば50億人以上と話すことができるのです

50億人が利用する言語を使えば、手に入る情報の数も日本語に比べると桁違いですし

さらに、自分を成長させてくれる人の分母も増えます。

国際的なネットワークを得られる

海外に渡航して現地で過ごす場合、良くも悪くも0からネットワークを構築することができます

しかも、世界中から集まった人と無限に出会えるわけです

新しい国際的なネットワークを作るには十分すぎる環境です!

また、そこには文化やバックグラウンドが違うからこそ生まれるアイディアや話題があります

そういったところからビジネスに繋がったり、一緒にチームを組んでみたりと様々なチャンスが生まれやすくなります

また、外国人の友達がよく「日本に旅行に行く時は絶対連絡するね!」と言ってくれます

素直に嬉しいですし、長く良い人間関係は人生の中で宝になります

しかし、この人間関係を作るには大切なことがあります。それは…

あなたから話すきっかけを作ること

始め方は簡単です。

Hi, How are you?

あとは自己紹介だったり、何を勉強しているか、将来何をしたいのかだったりと、きっかけを作り出せばあとは自然と話は続きます

学校が主催しているイベントや”Meet Up”などに参加したとしても、結局はあなたから積極的な行動が求められます

もう一度言いますが「あなたから話すきっかけを作る」ことが大切です

まとめ

今回は私が考える「若いうちに留学する価値」を共有しました

若い時代に経験や知識、スキルが中途半端だからこそ留学するんです

自分の中で答えが見えてしまってからでは私は遅いと思っています

彼らは自分の中に既に長い間「正解」があり、他の「解」(意見)を認めません。

彼らの中にその彼ら自身の「正解」が長居し過ぎていてるので、それが正しいと勘違いしているからです。

そうなる前にまだたくさんのことが吸収できる段階で世界を経験してください。

常識だと思っていたことが違っていたり、自分の許容範囲が広がります。

最後に確認です!
合言葉はやってみる・聞いてみる・お願いしてみるです!

みなさん良き留学ライフを!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる