視覚で捉える!!前置詞マスター講座#1【接触の前置詞on】

目次

はじめに

視覚で捉える!!前置詞マスター講座の導入編を読んでいない方は、必ず【導入編】を読んでからこちらを読んでください

onの基本の概念

ONという前置詞は基本的に何かの基準に接触している時に使われます。それが接触の前置詞と言われる所以です。

例をいくつか見てみましょう。


(1) The book is on the table
これの意味はもう明確でしょう。「その本は机の上にある」です。


(2) There is a lamp on the ceiling.

これはどうでしょうか。onが全て「上に」と訳されるわけではありません。

前置詞を訳で覚えるのはやめましょう。 意味は、「天井にランプがある」です。    


(3) Please hang the clock on the wall.

これも「上に」とは訳せませんよね。これで前置詞を訳で覚えるのは不可能だとわかってもらえたかと思います。
意味は、「壁にその時計をかけてください」です。



ではこれらを画像でイメージすると…

上の画像のように、何かの基準Xに対して全て接触しているのがわかると思います。物が基準より上に、下に、横にあろうとも接触していればonで表そうということです。   このように、onの基本的な概念は接触となります。

onの発展的な発想

続いてonの発展的な発想を見ていきましょう。発展的と言っても基本的な「接触」の概念を理解していれば難しくはありません。

積み重ねたものの上⇨基づき、根拠

いきなりですが例文から見ていきましょう。

This book is based on truth.
この本は事実に基づいている。


画像でイメージするとこのようになります。

つまり、「事実」というものが積み重なり、その上で本が成り立っていると考えることができます。


このように、根拠などを示すときは頻繁にonが使われます。

全てを預ける⇨おんぶのon

例えば…

Children depend on their parents.
子供は親を頼りにする。

このように「何かに頼る」ということを考える時、「その何かにすがっている」と考えることができます。

また、その何かにすがるときはその何かに接触しなければいけません。


よって、基本概念で勉強した「接触」がここにも応用されるのです。

アクセサリーの「ペンダント」は首にぶら下がっていますよね。
首に頼っていないと落ちてしまうので「ペンダント」という名前がつけられ、由来は”depend”からきています。

即時のon

ピッチャーが壁に向かって投げた球は壁に一瞬接触しますが、すぐに跳ね返ってきます。
このようなほんの一瞬の接触も”on”を用いて表します。


例文を見てみましょう。

On coming home, he took a shower.
帰ってくるとすぐに彼はシャワーを浴びた。

Netflixなどの動画配信サービスで映画などを見るとき、「オンデマンドで見る」と言いますよね。
この”on demand”という言い回しもこの「瞬時のon」から来ています。
“demand”は需要という意味なので、”on demand”で「需要があったらすぐ」という意味になります。

時間の連続による接触⇨継続

画像のように昨日も、今日も、明日も…と時間が連続しているときに、それを時間同士の接触と考えるとこのonの概念が理解できます。


例を見てみましょう。

She kept on studying to pass the exam.

彼女は試験に合格するために勉強し続けた。


I’m on a diet.

私はダイエット中だ。


上の2つの文は共通して、昨日も、今日も、明日も…と時間的な連続が見られるのがわかります。

時間同士の接触によるonだと捉えましょう。  

まとめ

これまで前置詞onに関する基本的な概念と発展的な発想について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

導入編でも言ったように、最初に整理された知識をキレイに頭にしまい込むことは今後の学習に大きな影響を及ぼす大切な段階です。丁寧に何回も復習し、自分のものにしてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる